image

ちょっと写真では見づらいかもしれませんが、

高砂の花、メインテーブルです。

この時の装飾は実際の結婚式での花ではなく、提携会場様のOPEN記念で

パーティをした時に飾った花です。

なので、色も花材もお任せでした。

そこで一度でいいからやってみたかった花合わせと色合わせで飾りました。

ふわふわとした濃い紫の花がスカビオサと言います。

ちゃんと名前も「アンダルシア」とついてます。

けっこう独特な色合いなのですが、一度でいいからこのアンダルシアと淡い紫のライラック

(写真でいうとつぶつぶした花)の組み合わせをやってみたかったんですよね!

万人に好まれる色ではないかもしれませんが、そういうものにチャレンジするって

腕が試されるというか、なんというか。

これからの時期スカビオサも、そしてライラックも旬の時期になってくるので

皆さんもブーケや会場装花で使うのもいいかもしれませんね!